すべらない話し特集


by cenwsprloe
 2009年に全国で発生したひき逃げ死亡事故は前年比19件減の172件で、統計の残る1991年以降で最少となったことが、警察庁のまとめで分かった。「飲酒運転」を理由に逃走する容疑者が激減する一方、「大したことない」と逃げるケースなどが増えたことも判明した。
 ひき逃げ死亡事故は94年の415件をピークに減少傾向が続いている。検挙率はほぼ毎年90%台を維持しており、同庁は「厳罰化の効果に加え、逃げても必ず捕まるという認識が広がっている」と分析している。
 都道府県別では23都府県で減少。減少幅は大阪が8件減の4件でトップとなり、次いで、前年最多だった愛知が7件減の13件、三重が6件減の2件と続いた。
 大阪では08年10月、会社員が3キロ引きずられて死亡する事件が発生。ホストクラブで働きながら逃走していた男が15日後に逮捕されるまで大きく報道されており、同庁は「事件が注目を集めた影響が大きいのでは」とみている。
 増加したのは18道県で、8件増の22件となった埼玉が増加幅、件数ともに最大だった。 

【関連ニュース】
危険運転で同乗者2人を再逮捕=名古屋ひき逃げ
危険運転致死で同乗者逮捕=4人目ブラジル人出頭
ひき逃げで小学生重傷=登校途中に
運転の男が逃走指示か=同乗者供述、名古屋ひき逃げ
「港目指し逃亡」と供述=国外脱出図る?

菅副総理「民主党らしさでは枝野氏が1期生」(産経新聞)
自治体とタッグ、コンビニ進化 住民票の写し提供/アンテナショップ併設(産経新聞)
都の駐車場 管理業者、利益上乗せか 選定時と契約時、収支計画に差(産経新聞)
除雪機に巻き込まれ死亡=73歳男性、自宅で作業中−山形(時事通信)
遮断棒折れ2万1000人影響 大阪の東海道線(産経新聞)
[PR]
# by cenwsprloe | 2010-02-22 21:21
 長妻厚生労働相は16日、今国会に提出を予定している労働者派遣法改正案の要綱を、諮問機関である「労働政策審議会」(労政審)に17日に諮ることを決めた。

 社民、国民新党が修正を求めていたが、両党は16日、政府が用意している案のまま諮問することを認めた。

 改正は、ワーキングプアや派遣切りなどが社会問題となったことを受け、派遣労働者を保護するのが目的だ。要綱は、昨年末の労政審の報告書に基づいて作成された。

 〈1〉1日単位の日雇い派遣を禁止する。日雇いに分類される「30日以内」の派遣も、「2か月以内」に範囲を改めて禁止する〈2〉仕事がない時は無給となる登録型派遣は、通訳などの専門業務などを除いて原則禁止にする〈3〉2004年に解禁された製造業への派遣は、仕事がないときでも派遣会社が給料を払う「常用型派遣」以外は禁じる――などの内容だ。施行日は、原則6か月以内としているが、製造業派遣と登録型派遣の禁止は3年以内、登録型の一部は5年以内まで猶予することにした。

 社民、国民新両党は、派遣先の責任を強化する規定を設けることなど、より保護を強める方向で修正を求めていた。特に社民党の主張は強く、16日には党首の福島消費者相が記者会見で、党の修正案を発表した。

 この日は、社民党の重野幹事長が厚労省の担当者と協議し、要綱の諮問を了承した。労政審は月内にも要綱を「妥当」と認める答申を出す見込みで、これを受け、政府は3月の改正案提出を目指す。ただ、社民党では修正を望む声が依然強く、混乱が続く可能性も残っている。

2010年度診療報酬改定のポイント(2)(医療介護CBニュース)
あす男子フィギュア 関大コンビに「金」期待(産経新聞)
自殺の容疑者を書類送検=離婚めぐり夫婦間で対立−居酒屋発砲事件・大阪府警(時事通信)
小沢氏「自民メルトダウン、当面は民主党政権」(産経新聞)
首相の「カネ無心」聞かぬ、知らぬと邦夫氏(読売新聞)
[PR]
# by cenwsprloe | 2010-02-21 18:06
 早稲田大学OBのトレーダーグループによる株価操縦事件で、証券取引法違反(相場操縦)罪に問われたリーダーの元会社社長松村直亮被告(28)ら3人の初公判が19日、東京地裁(多和田隆史裁判長)であり、3人はいずれも「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 ほかの2人は弟の無職孝弘被告(25)、会社役員三浦幹二被告(28)。
 検察側は冒頭陳述で、松村被告らは相場操縦について証券会社から再三、注意や警告を受けたが、口座を使い分けるなどして不正を続けていた、と指摘した。
 起訴状などによると、3人は2006年6月、東証1部上場の2社の株について、高値の買い注文を出し、売買成立前に取り消す「見せ玉」と呼ばれる手口などで株価をつり上げ、事前に購入していた計約240万株を高値で売り抜けたとされる。 

【関連ニュース】
投資会社社長に有罪=ペイントハウス事件
ニイウスコー元会長ら逮捕=架空売り上げで虚偽報告
ニイウスコー元会長を逮捕へ=売上高計上で虚偽記載容疑
元会長ら近く強制捜査=ニイウスコー粉飾決算-200億過大計上か・横浜地検
SBI証券に処分勧告=システム管理不備で

死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減−「大したことない」と逃走増加・警察庁(時事通信)
保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)
工事騒音で牛暴れる、福島県などに賠償命令(読売新聞)
元ボクサーに「区分審理」、裁判員導入後初か(読売新聞)
自治体とタッグ、コンビニ進化 住民票の写し提供/アンテナショップ併設(産経新聞)
[PR]
# by cenwsprloe | 2010-02-20 07:51
 民主党の小林千代美衆院議員(41)(北海道5区)側に、北海道教職員組合(北教組)側から、1600万円の違法な選挙資金が流れていた疑いが持たれている問題で、小林氏側は受け取った資金を、小林氏が代表を務める民主党北海道第5区総支部とは別口座で管理していたことが17日、関係者への取材で分かった。

 札幌地検ではこうした資金の流れが、政治資金規正法が禁じる政治家個人への企業・団体献金に当たるとみて、関係者から事情を聞いている。

 捜査関係者によると、同支部の事務担当者で、小林氏の選対事務所の実質的な会計責任者だった男性(46)は、2008年12月から翌年夏の衆院選までに、選対委員長だった北教組の委員長らから、400万円を計4回にわたって受け取ったとされる。

 男性は、小林氏の資金管理団体や政治団体の事務も担当。これらの団体の口座と区別するために、北教組から受け取った資金は別口座で管理していたという。

 読売新聞の取材に対し、「民主党や政治団体の会計も担当しているので、それらとごっちゃにならないようにしていた。受け取ったのは選対委員長からもらったお金で、北教組の資金という認識はなかった」と話した。

 北教組からの資金は、選対事務所の家賃やレンタカー代など、事務所の経費に使ったという。

パトカーとトラックが炎上=トンネル内で追突、警官2人重軽傷−岡山・山陽道(時事通信)
里山の開発許可下りず損害、名古屋市を提訴(読売新聞)
税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)
久保が勝ち2勝1敗=将棋王将戦(時事通信)
トランス社債権譲渡で黒木容疑者 社長に事後承認要求 (産経新聞)
[PR]
# by cenwsprloe | 2010-02-19 08:31
 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。(了)

作家、詩人の川崎彰彦氏死去(時事通信)
<自民>「独自」に知恵絞る 参院選マニフェストの議論開始(毎日新聞)
プリウス修理開始 東北の販売店、不安解消へ作業急ぐ(河北新報)
<江戸川・虐待死>昨秋に頭部外傷で入院 学校は連絡せず(毎日新聞)
<抗争殺人容疑>手配の組幹部をバンコクで逮捕(毎日新聞)
[PR]
# by cenwsprloe | 2010-02-18 07:34