すべらない話し特集


by cenwsprloe

種牛主力級5頭は陰性、49頭は殺処分されず(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫問題で、同県は30日、西都(さいと)市で経過観察中の主力級種牛5頭について、29日に採取した検体はウイルス検査で陰性だったと発表した。

 また、新たに川南(かわみなみ)町など1市4町の計14農場の牛と豚が感染した疑いがあることを明らかにした。発生(疑い例も含む)は2市5町の238施設、殺処分される家畜は、計16万3492頭となった。

 高鍋町の県家畜改良事業団に残っている種牛49頭は、この日も殺処分は行われなかった。県は「30日にも処分する」としていたが、作業を行う獣医師らが確保できなかったと説明している。

地元無視「怒」の1字、名護市で緊急集会(読売新聞)
普天間問題 鳩山首相、福島消費者相を罷免(毎日新聞)
違反事実、6月末までに究明=木村前会長の関与否定―振興銀社長(時事通信)
鳩山首相「2枚舌」作戦失敗 「辺野古」巡り「発表日」大混乱(J-CASTニュース)
巨大な角の新種恐竜=トリケラトプスしのぐ? ―メキシコで化石発見(時事通信)
[PR]
by cenwsprloe | 2010-06-02 10:28