すべらない話し特集


by cenwsprloe

フランク・ロスト

フランク・ロスト(Frank Rost、1973年6月30日 - )は、ドイツ出身のサッカー選手。元同国代表。ハンブルガーSV所属。ポジションはGK。経歴ヴェルダー・ブレーメンでデビュー。1998-99シーズンにレギュラーに定着し、2001-02シーズンまでプレイ。2002-03シーズンにはシャルケ04に移籍。2006-07シーズンにはマヌエル・ノイアーの台頭によりファーストキーパーの座を失うが、2007年1月にハンブルガーSVに移籍すると、すぐに守護神として定着。当時リーグ戦で最下位に沈むなど、苦しい状況にあったチームを救う働きを見せた。その後も頼れるベテランとしてチームを支える存在になっている。所属クラブ ヴェルダー・ブレーメン 1992-2002 シャルケ04 2002-2007 ハンブルガーSV 2007- 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%88」より作成カテゴリ: ドイツのサッカー選手 | ブレーメンの選手 | シャルケの選手 | ハンブルガーSVの選手 | 1973年生 | 存命人物

第三者組織の検討結果を取りまとめ―薬害肝炎WG(医療介護CBニュース)
<野党>民主党の石井選対委員長「チベット発言」を一斉批判(毎日新聞)
韓流呼び込め、ロケ地に「アイリス」ゲレンデ(読売新聞)
<都教育委>全都立高で日本史必修科目に 13年までに実施(毎日新聞)
銀銅獲得!スピードスケートスーツはスケてません!(スポーツ報知)
[PR]
by cenwsprloe | 2010-03-02 00:24