すべらない話し特集


by cenwsprloe

死亡ひき逃げ過去最少=大阪、愛知で大幅減−「大したことない」と逃走増加・警察庁(時事通信)

 2009年に全国で発生したひき逃げ死亡事故は前年比19件減の172件で、統計の残る1991年以降で最少となったことが、警察庁のまとめで分かった。「飲酒運転」を理由に逃走する容疑者が激減する一方、「大したことない」と逃げるケースなどが増えたことも判明した。
 ひき逃げ死亡事故は94年の415件をピークに減少傾向が続いている。検挙率はほぼ毎年90%台を維持しており、同庁は「厳罰化の効果に加え、逃げても必ず捕まるという認識が広がっている」と分析している。
 都道府県別では23都府県で減少。減少幅は大阪が8件減の4件でトップとなり、次いで、前年最多だった愛知が7件減の13件、三重が6件減の2件と続いた。
 大阪では08年10月、会社員が3キロ引きずられて死亡する事件が発生。ホストクラブで働きながら逃走していた男が15日後に逮捕されるまで大きく報道されており、同庁は「事件が注目を集めた影響が大きいのでは」とみている。
 増加したのは18道県で、8件増の22件となった埼玉が増加幅、件数ともに最大だった。 

【関連ニュース】
危険運転で同乗者2人を再逮捕=名古屋ひき逃げ
危険運転致死で同乗者逮捕=4人目ブラジル人出頭
ひき逃げで小学生重傷=登校途中に
運転の男が逃走指示か=同乗者供述、名古屋ひき逃げ
「港目指し逃亡」と供述=国外脱出図る?

菅副総理「民主党らしさでは枝野氏が1期生」(産経新聞)
自治体とタッグ、コンビニ進化 住民票の写し提供/アンテナショップ併設(産経新聞)
都の駐車場 管理業者、利益上乗せか 選定時と契約時、収支計画に差(産経新聞)
除雪機に巻き込まれ死亡=73歳男性、自宅で作業中−山形(時事通信)
遮断棒折れ2万1000人影響 大阪の東海道線(産経新聞)
[PR]
by cenwsprloe | 2010-02-22 21:21